細川政元 変態

Feby 8, 2020
細川政元 変態

細川政元 変態

ただ、如何やら政元放棄論は、内藤が先導したものだったらしく、細川家内には抵抗感のあった勢力もいたか。 不自然なことに、圧倒的優勢にあった細川家側が一宮家攻略まで一カ月半以上を要している。

戦国時代の有名な武将で男色がないのは豊臣秀吉位なんですか? 逆に女性に全く興味ない武将は誰がいますか? かの時代は男色、というよりもどちらかというとショタコンです。戦場に妻帯しないかわりのお相手。ゲン担ぎもあ...

政元の【悪】は、男色以外の点に求められねばならない。 付言するならば、八犬伝に於いて、室町幕府管領/細川政元の男色嗜好は、愛宕行者として女色を遠ざけた結果だと説明されている。超越的な力を得るため神仏を恃む性格なのだ。

途中から政元も関わっただろうが、最大権門細川家の当主として政元を頼った成氏はじめ関東方こそ、いい面の皮だ。 京都側の堀越公方・足利政知あたりは知っていたかもしれないが、関東勢には政元掠奪事件は知らされていなかったのだろう。

阿波細川家の長老・慈雲院入道成之が「政元はあの調子だから、どうも不安だ。お前、養子なんだから、上洛して家を纏めろ」と十三歳の澄元に言い渡した。魔法を操る変態親父を十三歳の澄元が後見できる筈もない。頼りになる家臣・三好之長を属けた。

消失した。然ればこの江南の乱中に乗じて江州を退治せんと、、細川政元内衆の赤沢澤蔵軒宗益(朝経)は 多勢を率いて江州へ乱入した。 彼等は所々の城を攻め取り、甚だ猛威を奮い働いたが、同国音羽の城主・蒲生下野守貞秀は、昔当国の

細川政元は、応仁・文明の乱を起こした一方の大将、管領・勝元の嫡子であった。文明五(一四七三)年に勝元が病没したため、八歳(九歳とする物語もある)で細川家の家督を継いだ。とはいえ此の時点で管領になったわけではない。

(1646)細川さん・・・ 投稿者:長尾っぽ 投稿日:02月03日(水)22時14分25秒 だったっけな。 なんか前に上杉関係の史料読んでたところ、越後にすごい人が来たという 事が書いてあって、よく読んでなかったので全然覚えてないのですが、そ れが細川某さんだったような・・・細川政元と関係あるの ...

名人の画には不思議なことが起こるものだと感心しつつ、変態管領・細川政元の養女・小雪が緊縛され将に悪僧二人に陵辱されんとするとき実体化した画虎が現れ結果的に救う場面では、「祇園祭礼信仰記」の雪姫を思い出すかもしれないが、其の源流たる ...

変を見出しに含む言葉の国語辞典の検索結果。むきかわる【向き変(わ)る】,むけかえる【向け変える】,むだんへんそくき【無段変速機】,むへんたい【無変態】,めいおうのせいへん【明応の政変】,めいじじゅうよねんのせいへん【明治十四年の政変】,めいじろくねんのせいへん【明治六年の ...

細川政元 変態