ナルト 無 表情 小説

Feby 8, 2020
ナルト 無 表情 小説

ナルト 無 表情 小説

そんな二人をカカシはただ無表情に見つめ、ナルトは困ったような笑みを浮かべる。 「二人とも何怒ってるってば??」 「何って・・・あんたあんなことされて平気でいられるの!?しかも目の前でっ!!!」 「え・・・って言われても、いつものことだ ...

俺は何も喋らずにナルトと呼ばれる目の前の少年を見ていた。ナルトは俺によろしくと言い、俺の顔が親父とそっくりだと笑った。 「ほら・・・あの子よ」 ふと遠くから知らないおばさんの声が聞こえ、ナルトは一瞬で無表情になった。

ナルトはお前らの仲間じゃなかったのかよ! 影分身が叫ぶ中子供達の瞳に侮蔑と嫌悪が浮かぶのをナルトは残された右の蒼瞳で見ていた。 うずまきナルトという自分を仲間だと言ってくれてた筈の彼らが変わっていくのを。

 · The novel "【ナルト】仮面【捏造】" includes tags such as "NARUTO", "サクナル" and more. 【はじめは】 ほとんどの遊びに、混ぜてもらえなかった俺だけれど、かくれんぼだけは、得意だった。 いっつもいっつも、誰にも見つからなかった。みんな諦めて帰って行った。

7.ナルト 『卑怯者の手だ』と言われた。 まったくもって秀逸な表現で。 大当たり。 かさついた唇で笑った。 獰猛な表情にサクラが怯えた。サスケでさえ固まっている。ナルトは無表情だった。 またひとつ、殴られた。今度は唇を切ったらしい。

小説 を書きたい人 ... ビクリと肩を跳ね上げるカブトを、男は無表情で見返す。 ... 無梨甚八に変化していたうずまきナルトは、知らず知らずのうちに畏敬の念を抱くカブトの前で、ただ一言、そう口にした …

ナルトは里の大人達から嫌われている。 ナルトとスリーマンセルを組んで、今日ほどでないにしても幾度かそのような光景を目にしてきた。 「そうね。私にもよくわからないわ。でも、サスケ君にもナルトにも笑って欲しかったのよ」 「笑う?

これはナルトじゃない―――名前の殺気。 「そういえば…前にやられた分、まだ返してなかったよな」 「…」 名前が顔を上げる。 目は射殺す様な殺気を帯びてナルトを睨み付けて。 血塗れの刀の切っ先をナルトに向けて、へっと嘲笑った。

うち解けようとサクラがお礼を言うが、ナルトは無表情な顔で 「別に、ここで噛まれたら後々面倒なことがあるから殺したまでだ。」 とサラッと言ったナルトに、カカシもこれはさすがにと思ったのだろうか口を挟む。 「あのねナルト、それはひどくない?

ナルトらしくなく。そうだ。子どもらしくない表情を、コイツは持っている。 ... ばっと振り向くと、その眼は警戒を顕にしていた。一瞬面食らったが無表情を装い、開けろと云う。 ... その答えにナルトは泣きそうにきゅっと表情を歪ませ、俯いてしまう。 ...

ナルト 無 表情 小説