ナルト 傷つく 小説

Feby 8, 2020
ナルト 傷つく 小説

ナルト 傷つく 小説

アカデミーに入ったばかりの少年『うずまきナルト』は、自らが住む里の人々に迫害を受けていた。 その境遇に耐えきれなくなったナルトは、里を脱走することを決意する。

小説 を書きたい人 ... あれは、本来あの子が持っている気質なのだろうな。戦いを好まず、人が傷つく事を嫌がっている。 ... ナルトは自来也の弟子だったミナトの子だ。 ...

ぼーっとナルトが見上げる空からは雨が容赦無く降り続け…泣かないナルトの代わりに泣いているようで… 『ッ!!ナルト!!ナルト!!こっちを見てくれ!ナルト!わしじゃよ!じいじゃ!ナルト!!戻って…来てくれ!ナルト…ッ』

 · "もしもナルトが女だったら -サスケ編-" is episode no. 6 of the novel series "もしもナルトが女だったら". It includes tags such as "ナルト", "女体化" and more. 「げっ」 「…」 場違いな場所でよく知る男は当然誰よりも目立っていた。 「それじゃぁ自己紹介始めまーす」 普段より甲高い声で一番端に …

ナルト「サスケはもう木の葉潰したりしねぇって言ってんのにさぁ」 サスケ「世界的に見れば俺は犯罪者だからな、信じてもらえないのも無理は無い…」 ナルト「つかお前随分あっさり更正したよな」 サスケ「もういいだろ別に」

私の脳裏にとっさにナルトやキバ達男の子の顔が浮かんだ。 きっと集まるとロクな話ししてないんだろうな・・・・・ 「シカマルの・・・エッチ・・・・・・」 「・・・・・いや・・・だから・・・・お前が変なこと言って泣きだすからだろっ」

ナルトの心奥深くにある場所ではなく。ナルトの意識と切り替わって現れた九尾と。 九尾は問うた。ナルトへの想いは本当なのか。ナルトを家族として、義兄弟として、好敵手として認めているのか。ナルトの過去をどう思っているのか。 サスケは答えた。

ナルトとサクラの関係は、強い絆で結ばれた仲間となっています。 第七班として任務を共にしたナルトとサクラ。ナルトはかわいい女の子であるサクラに片想いをしていました。はじめは一方通行だった、ナルトとサクラの関係性はどう変わっていったのでしょうか?

ナルトはクナイを投げ、再不斬は口にクナイを銜え切りかかった。 ガト―は人ごみの中へ逃げたが、再不斬の執念により首をはねられた。 ナ「目、逸らすんじゃねーぞ。」 ナルトは下を向こうとしていたサクラに言った。 これが忍の最後だと見せたかった ...

ナルト 傷つく 小説