デスノート エル 最後 映画

Feby 8, 2020
デスノート エル 最後 映画

デスノート エル 最後 映画

デスノートに登場するlは天才的な頭脳を持った探偵です。デスノートのメインキャラクターであり、キラである夜神月をギリギリのところまで追い詰めました。ファンに人気のキャラクターでもあり、実写映画では彼が主人公のスピンオフも製作されています。

デスノートに登場する「l(エル)」は、本作のもう一人の主人公という立場にいるキャラクターです。かなり変わった性質を示すので、最初は気味悪がられましたがカリスマ性が高いのでファンが多くなりました。そんなlですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知…

lの謎は映画だけでなく、下記のビジュアルキャラブック(2008年1月25日発行)、小説版(2007年12月25日発売)との3つのプロジェクトが複合して、その秘密が解き明かされていく。 小説版は映画の物語と異なっており、デスノートが再び登場している。

デスノートのlはなんで最後に自分の名前をデスノートに書いたんですか? 補足 回答ありがとうございます。 見たんですがよくわからなくて(笑)つまりエルはライトに危険を感じたから殺されるなら短い間に生きて殺されずに捕まえるしかないと言う事ですか?

マンガ考察 2019.01.03 2019.10.31 きもやん 【デスノート】Lの最後の言葉は何を言おうとしていたのか『が‥‥ま‥‥』

デスノート エル 最後 映画